ちょっとしたことで、MacBook Air(以下MBAということにする)のOSを再インストールすることになった。自分にとって、初めての経験だったので、自己メモしておく。2度とやることはないかもしれないが。

ますは機種の確認。購入時期は平成23年1月、CPU Intel Core 2 Duo 1.6GHz、メモリ4GB 1067MHz DDR3(基板への直付けとのことのようで、交換できないらしい)、ストレージ120GB SSD SATA、英語キーボード。ACアダプターは電圧14.5V/3.1A(45W)。機種は MacBook air 11インチ Late 2010 と呼ばれるようだ。

プロキシ接続なしのネット環境下で、MBAを起動し、速やかにキー Shift+Option+Command+Rを、回転する地球儀が表示されるまで押し続ける。

数十分のダウンロードタイムを経て、やっとインストール画面が表示される。内蔵のSSDディスクの内容を消去して、OSをインストールする。OSのバージョンはMAC OSX 10.7 Lion。Apple ID、パスワードを入力したら、他のMACデバイス(自分の場合はiPhone)に6桁の認証コードが表示される。この6桁のコードをもう一度MBAにて、パスワードの後に入力して、Apple IDとパスワードの入力を完了させる(ということで、2回の入力になる。1回目はふつうのパスワード、2回目はパスワード+6桁認証コード。)

OS Lionのインストールが完了したら、MBAが使えるようになる。そこで、ソフトAppストアを起動し、購入履歴から、OSX Yosemiteにアップデートしていく。失敗談として書いておきたいのは、LionのつぎにいきなりOSX 10.11 El Capitanをアップデートしてみたところ、見事にインストール不可を食らった。数十分のダウンロード+数十分のインストールの最後にそういう表示が出てしまい、アップル社の技術なさを恨んでしまった。結局、もう一度最初から、Lionの再インストールからやり直した。

そういうことで、Lion → Yosemite → El CapitanとひとつひとつOSをアップデートしていく。所要時間は数時間以上。急ぐ場合にやれることではない。