311の昨日に、AOJとの愛称で呼ばれ、日本国内では有名なプログラミングオンラインジャッジシステム(Aize Online Judge)で解く問題数ランキングで3位になった。昨年の7月末に参戦し、7ヶ月半で達成した。つまり、平均して一日5問解いた計算になる。

UVaでの教訓として、今回は問題をただ解くだけでなく、なんとか各問題の計算スピードが1位になるように頑張った。0:00 秒となった解答は提出された時間順で並べられ、それ以上の順位に食い込むことはできないが、それ以外の問題についてはチャレンジチャンスはいくらでもあるから。

ほぼC言語一本で解いてきたので、C++やJAVAに比べて不利な面は否定できない。ただ、C言語の自由度、スピード性は21世紀の今日になってもその特徴は生きているところも事実だと再認識した。

1位になるか。未解答問題の多くは難しく、ここからさらに1位との差である116問を解くのに大きな山はいくつもあると思うが、根性という点では誰にも負けないことを期待しよう。

昔のUVa時代と違って、競技プログラミングの重要性は広く認知されているし、アルゴリズムの素晴らしさに感動したひとも多くなった。小中学校生のプログラミング必修化は競技プログラミング愛好家にとっても喜ばしい状況ではある。

そういえば、UVaも最高3位(2006年11月21日に達成)だった。その成績は日本からの挑戦者記録としていまも生きている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation